スピリッチャルヨガワーク・カルナディア

吉祥寺からすぐのスピリッチャルヨガ教室
スピリッチャルヨガワーク・カルナディア

TEL 0422-22-0128

HOME > ヨガ/ヒーリング

ヨガについて


ヨガの思想

ヨガとは結合、一致という意味のサンスクリット語(古代古典語)が語源となっています。
ヨガは「絶対実在の純粋意識(ブラフマン)が全宇宙の根底にある」という、インドの古典聖典群(ヴェーダ)の中心思想を土台として、何千年もの間、様々な実践方法が伝承されてきました。

ヨガの実践

一般にアサナ(ポーズ)をとることがヨガと思われていますが、アサナは経典「ヨガ・スートラ」の中の段階式訓練法、八支則の3番目にあたります。5つの道徳律(非暴力・真実・不盗・自己修練・無欲)、5つの勧戒(清潔・満足・辛苦に耐えられる能力・自己内省・神への信仰)を学び、アサナを始めます。
様々なアサナを通して、身体感覚を細部まで発達させ、感覚器官を研ぎ澄まし、プラナ(生体エネルギー、日本では気と呼ばれている)の経絡を開き、身体を柔軟で強靭な状態へ導きます。それと共に呼吸法を使って、生体エネルギーの流れを強めコントロールします。制感法では、心地よい感覚・心地よくない感覚などの二元的な感覚に反応することなく、全ての感覚を同じ心で扱う一体性を養います。
この一体性と共に集中力を高め、忍耐、受容、愛すること、慣用性を身につけ、瞑想へと段階的に訓練を行ないます。 そして 様々な訓練を通じて、肉体、感情、心理、精神、愛、霊性へと探究を進め、新たな自分自身を発見していきます。 同時に心身は、健康を取り戻すことで一体化し、より深い意識、魂との結合へと向かうのです。
この様にヨガは、エネルギー・意識を扱う生命科学であり、自己の内に存在する「アートマ」(真の自己・内在神)とつながり、「ブラフマン」(絶対純粋意識・普遍的神)と結合することを目標として創造されました。


ヒーリングについて

精神や感情を含む人体は、エネルギーと意識で構成されています。
心と身体の繋がりを感じるのはその為です。生体エネルギー/意識体系は多数の周波数から成るエネルギーと意識の複雑な構成を持っていて、知覚を通して認識することができます。 ヒーリングは主に生体エネルギー/意識体系(「オーラ」「プラナ」日本では「気」、と呼ばれています)の7つのレベル(身体意識、感情的、精神的、心理的、霊的なレベル)に働きかけます。 これらのエネルギーがスムーズに流れている時、私達は健康なのです。
しかし、流れを止めてしまう固まり(エネルギーブロック)ができた時、健康は損われて行くのです。
私達は嫌な事が有ると、ずっと感じていたくない感覚や感情から、出来るだけ早く逃れようとして、エネルギーの流れを止め、感じないように無意識下に深く沈めてしまいます。この沈められたものが「エネルギーブロック」と呼ばれるものなのです。

それは、その出来事を体験していた時間と体験されていた肉体、感情、精神、心理、霊的意識を含んで凍結しています。
繰り返し「エネルギーブロック」が作られると、エネルギーの流れが遮断され、エネルギーが供給されなくなります。
そして、その部分は、痛みや病気、怪我を引き起こすようになります。これは意識深くから来る信号であり、一度立ち止まって、新しいセルフケアーの方法を学び、人生とその深い意味を省みる事があると、肉体が告げているのです。

ヒーリングはより深い次元や意識につながり、本来の自分自身である真の自己(内在神)から発する光で、エネルギーブロックを浄化し、流れを調和します。このエネルギーの変化を通して、人生の問題点に気付きながら、自己認識を深め、気づき、自身の人生にもう一度新たな方向付けをし、より幸せな人生を創り出すことをサポートしていきます。健康に成るということは、意識の在り方が変わるということなのです。